こんな人以外は30歳すぎて生脚でいてはいけない


こんな人以外は30歳すぎて生脚でいてはいけない40代からの美肌 無添加・オーガニック化粧品と美肌栄養指導女性の歳は首、ヒザ、手に出ます。

注意しないといけないのはふだん自分が見えないところ。

ヒザとかヒジです。

特にヒザはヒジやカカトと違ってガサガサするわけじゃありませんから、自分では老化に気がつきにくいんです。

では、若い子とオバさんのヒザはどこが違うってシワの数とタルミが全然違うんです。

自分はかまわなくても他人が見たときに老化した脚は見たくないものの一つです。

まるで見たくないスッピンを見せられているような感じ。

夏など電車で、向かいのちょっと年配のお姉さんが生脚サンダルで座っていたりするとちょっと「ヤダな」と思います。

30歳すぎたら外出するときは身だしなみとしてストッキングをはきましょう。

今はかなり限りなく薄いストッキングがあります。

それだけで上品にキレイに見えます。

 

30歳すぎて生脚でいていいのは、よほどケアしている方です。

私は米倉涼子(40歳)、藤原紀香(44歳)くらい脚に自信があるという人以外はしっかりストッキングはきましょう。

images Unknown-1

 

ヒザのお手入れはどうするか?

専用のクリームを使ってもいいですが、お風呂上がりにお顔につけた化粧水、クリームが手に残ったらヒザにもつける。

それだけでも違います。

やってみましょう。

土浦のハリウッド式小顔整顔&ヘッドセラピーサロン
《サロン サラフルール》
【女性専用・完全予約制】
【営業時間】10:00~18:00(時間外受付可)
【定休日】不定休
【電話番号】029-801-0501【メニュー・料金】 / 【ご予約・お問い合わせ】 / 【アクセス】 / 【オセアント通販】土浦市、つくば市、阿見町、下妻市、筑西市、結城市、守谷市、稲敷市、美浦村、かすみがうら市、ひたちなか市、東京都内、千葉県、川崎市、などからお越しいただいています。